事業用の「建物を建てる」「店舗を出店する」この両方でまず最初に重要なことは「マーケット(市場)」の状況を十分に把握することです。マーケットニーズの高い「建物」や「店舗」を造ることは事業成功の鍵です。

現地調査(建築・店舗)
既存建物や土地、店舗に関わる状況を確認調査致します。主な内容としては、建物診断、地質調査、測量、設備状況確認などです。店舗物件は業種業態により、設備容量や既存設備状況によって出店できない、または出店に工夫が必要となるなどの問題があります。それらを調査により明らかにし、代案等のアドバイスなども行います。

立地評価(建築・店舗)
建物の立地は、事業用建物の場合、その後の営業収支に大きな影響が出る場合があります。当社では、独自の評価基準でその立地を評価し、建物や店舗の設計デザインに反映させることで事業成功率を上げる視点でのアドバイスを行っています。